きゃんどる洞窟

すらりぬらりとイデアさん[idea]、手記綴ら...

霧蝉

entry_img_21.jpg

暑い


暑い。

ともすれば次の瞬間には、そうでもないような・・・


しかし気が付けば、8月ももう終わり。
未だ陽が昇ると、あちらこちらから鳴き声が聞こえてはくるものの、何とも早いものです。えぇ。


こうして我々はまた一つの「夏」を過ごし終えました。


この「夏」を、今後一体どれほど味わうことになるのでしょうか。



・・・どれほど?

いえ、実際にはもう、ない。

ないんですよね。


季節だとか1年だとか、そんなもの考えてみれば在るわけがありません。


いま。



この細胞ひとつひとつが寄り集まったもの。そうしてカタチを成して出来た貴方であり、私で在る、至極奇妙な存在。

それらのおよそ -眼- と呼ばれるものが写し出す、揺れに揺れる果て無き不鮮明な、一つの世界。


いま。

そんな世界を、大きな大きな一本の樹に例えるとして。

するとどうでしょう。



その樹のどこか・・・。不意に聞こえてくる、張り裂けんばかりの幾つもの声。


いつから泣いていたのか。

いつまで泣くのか。


そもそも彼等はどこにいるのか。



でも、貴方は気付いている筈です。


一人しかいないとわかっているのに、何人もの声に聞こえてしまうように・・・



「あの泣いているヒトは、自分とそう遠くないところにいる。」



貴方もきっと、一匹の蝉なのです。







スポンサーサイト

 手記

0 Comments

Leave a comment